UR賃貸の課題

UR賃貸って、人気があるからなかなか入居できない。

だから、興味はあるけれど、住むことができない。

もしくは、UR賃貸って収入の制限があって、私の収入ではとても住むことができない。

そういった規制がありUR賃貸のことは知っていたけれど、今まで住むことが出来なかった人もいると思います。

新たに加わった新制度はこうした今まで住めなかった人たちにも住んでもらおうと努力しているのがわかります。

まず、ハウスシェアリング制度で、多くの人にUR賃貸とはどんな物件なのか知ってもらうことが出来るようになりました。

そして、多くの人にUR賃貸に住んでもらうことが出来るようになりました。

そして、収入の要件を新しく改定したことで今まで収入のせいで住めなかった人も住めるようになりました。

こうした、新しい制度の導入でUR賃貸はより身近な賃貸物件になったと思います。

けれど、やっぱりまだUR賃貸のことを知らない人も多かったりするのが現実です。

言葉はきいたことあるけれどどんな物件なのかわからないと言う人もいると思います。

そういう人達にもUR賃貸に興味を持ってもらうこと。

UR賃貸がどんな物件なのか知ってもらうこと。

UR賃貸の周知を進めていくことが今後の課題ではないかと思います。